ネイル代 節約

MENU

毎月のネイル代、ちょっと節約したいかも…

ネイルサロンには、約1ヶ月に一度くらいのペースで通うもの。
その費用として、1万円以上のお金がかかっているんじゃないでしょうか。

  • 綺麗でいるためにとは言っても、もう少し安く済ませる方法があるなら知りたい。

そう思っているあなたにオススメなのがセルフネイルです。

 

難しそうなイメージがあるセルフネイルですが、プロのネイリスト並みの質を求めなければ意外と簡単です。
独学で始めようとすると道具やテキストを買ったり、Youtubeを見ながら練習したりと大変ですが、知識も技術も手っ取り早く勉強できる方法があります。
大変で面倒な思いをしたくないなら、通信講座を受講するのが一番です。


通信講座でセルフネイルを習うメリット

1から始める人でも安心のカリキュラム

何から始めればいいのかわからなくても、カリキュラムに沿って進めるだけでOK。

 

プロ仕様のネイル道具が付いてくる

セルフネイルをするのに必要な道具は全て付いてくるから、自分で買い揃えなくてOK。

 

技術だけでなく知識も身に付く

例えばジェルネイル。
間違った知識で施術すると、自爪を大きく傷付けたり、爪の病気になることも…。
正しい知識を身に付けることは、技術と同じくらい大切。

 

問屋さんからネイル用品が激安で買える

一番大きなメリットがこれ。
ある通信講座では、受講中から準ネイリストと言う立場でプロ御用達の問屋さんが利用可能。
有名メーカーのポリッシュやジェルが定価の半額で買えるなど、ネイル代節約には最高。
この特典は受講期間が終わってもずーっと続きます。

もちろんデメリットも…

わからないことがすぐ解決できない

通信講座では、質問は基本メールのみ。
電話でもできますが、技術的なことの質問の場合はどうしても言葉だけじゃわかりにくいのが現実。

 

サボりやすい

スクールと違って周りの目がないので、疲れている日などはどうしても「今日はいいや」となってしまいがち。
マイペースに勉強できるのはメリットでもありますが、やる気の継続は意外と難しい。

 

初期費用がかかる

通信講座の受講費用は、アートで大体7万円、ジェルで10万円。
両方学べるコースで15万円ほど。
将来の節約のためとは言え、なかなか高額な初期費用。
ただ、分割払いもできるので毎月のネイル代を受講費用に回せばおつりが来る値段ですよ。

セルフネイル修得後の具体的な節約効果

まず、サロンの相場をチェックしてみました。

 

ネイルの場合
ワンカラーのみのカラーリングで1,500〜3,000円。
フレンチやマーブル、グラデーションなどアートが2,000〜3,000円。
ストーンやシールなどが1本100〜200円。

 

メニューによりますが、大体1回につき5,000〜8,000円が相場のようです。

 

 

ジェルの場合
クリアジェルが6,000〜7,000円。
カラージェルが8,000〜9,000円。
アートやストーン追加などはネイルと同様。

 

ジェルは大体1回につき8,000〜15,000円が相場のようです。

 

 

さて、セルフネイルの場合はどうなるでしょうか。
通信講座の受講費用を除いて、材料費だけでチェックしてみましょう。

 

 

ネイルの場合
15ml程度のポリッシュで伸び重視や発色重視など物によりますが、両手10本ワンカラーが5〜10回分。
ポリッシュは1本定価で2,000円前後ですから、1回あたり200円〜400円になります。

 

 

ジェルの場合
4.5g程度のカラージェルを使い、薄さによって変わりますがクリアジェルも合わせて使った場合5〜8回分。
ジェルは1本定価で8,000円前後なので、1回辺り1,000円〜1,600円ほどになります。

 

 

サロンと比較してみると、ネイル、ジェルともにセルフは5分の1以下の費用でできることがわかりますね。
しかし、節約効果をもっと高める方法があるんです。

ネイル代を10分の1に節約する方法

それは、ヒューマンアカデミーの通信講座、たのまなを受講すること。

 

先ほどサロンとセルフネイルでの費用の比較をしましたが、ポリッシュやジェルの価格は定価での場合でした。
実際にお店で買う時は10〜20%程度安くなっていますし、節約効果も5分の1以上にはなります。

 

 

しかし、たのまなのネイル講座を受講すればもっともっと安くできます。
何故なら、通信講座のメリットの部分で書いたように、カリキュラムのレベルが高く受講するだけで準ネイリストとして認められるため、ネイル用品問屋として有名なNAILPARTNERとTATを利用できるようになり、プロと同じ価格でポリッシュやジェルを購入できるようになるから。

 

その価格は、定価の30〜50%オフ

 

某有名メーカーのジェルも半額となっていて、4.5gが1本約3,800円。
この価格でサロンと比較すると、ネイル代は10分の1以下の節約になります。

 

ちなみに、たのまなのネイル講座で一番安いコースは68,000円。
セルフを始めて早い人なら半年後には元が取れます。
受講すれば修了後もずーっとNAILPARTNERとTATが利用できますし、この先何年もネイルを楽しむことを考えればその節約効果はとっても大きいですよ。

 

たのまなのネイル講座をより詳しく知りたいなら、資料請求がオススメです。
公式サイトにも載ってない、お得な割引情報などが載っていますよ。

ネイルの資格取得に挑戦?

節約目的で始めたセルフネイルをしているうちにどんどんのめり込んでいき、資格取得に挑戦したくなることもあるでしょう。
国内で取得できるネイルの資格は主に4つあります。

  • JNECネイリスト検定3〜1級
  • JNAジェルネイル検定初〜上級
  • INAネイルスペシャリスト技能検定A〜AAA級
  • INAジェルネイル技能検定試験3〜1級

特に知られているのはJNECとJNAですね。
取得を目指すならこの2つにしておけば、将来ネイリストとしてサロンで働きたくなった時も間違いありません。
多くのサロンで採用時の面接で、技術力の基準とされているのがこの2つだからです。

 

また、これらの資格のさらに上級資格として、JNA認定講師資格などもあります。
正真正銘トップネイリストであることを証明する資格であり、今日本で活躍するトップクラスのネイリストの多くが保持しています。
とは言え、普通にネイリストとして働く分には、JNEC1級とJNA上級があれば十分過ぎるほど。
認定講師資格は、ネイル業界に生涯身を置く考えを持った人が目指すくらいの認識で良いでしょう。
ちなみに認定講師の資格を取るには、JNA認定校で学んだ人でなければなりません。

 

近年、ネイル資格の取得を目指す人は増加傾向にあります。
特に女性にとってはネイリストは憧れの職業の一つであり、人気です。
最初からネイリストになりたくて中高生の頃から勉強を始める人もいれば、趣味程度のつもりで習い始めたネイルにハマり、プロを目指すようになったと言う人もいるでしょう。
当サイトをご覧になっているあなたは、どちらかと言えば後者のはず。
是非少しでも興味があれば、力試しのつもりででも、資格取得に挑戦してみて下さい。
きっと新しい世界が広がりますよ。

 

資格取得の主な方法は、通信講座の他にスクールへの通学があります。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、申し込み前によく考えておきましょう。